メンズ財布は「アブラサスの薄い財布」が絶対オススメ!!

前々から欲しいと思っていた「アブラサスの薄い財布
購入して1か月ほど経過したので、感想を書いてみたいと思います。

結論から言うと「これ最高!!」ってことですw

財布をどこに入れておくか・・・

今までの財布は、基本的に長財布でした。
ただこれだと、持ち運びが楽じゃない!!

例えば、後ろポケットに入れていると、
後ろから見た時にシルエットがダサい!

お尻のところがポッコリ膨らんでて、
どうも見た目によくありません。

また、そのまま座ると、
財布を入れている方のお尻が少し浮いた感じになってしまい、
しっくりこないんですよね。

じゃあ・・・ということで、カバンの中に入れていると、
いちいち探すのが面倒!!

リュックに入れている時なんて、
肩から外して、チャックを開けて・・・って面倒!!

今まではどこが財布のベストポジションか悩んでいました。

じゃあ、二つ折り財布は??

そうなると、長財布から二つ折り財布を考えるようになるんですが、
これ、長財布以上にポッコリしますよね。

後ろポケットになんて入れてられません。
カバンの中一択になります。

まあ、そりゃそうですよね。
単純に考えて長財布を折りたたむわけですから、
その分厚さは二倍になります。

もうこうなったら、カードオンリーで!
と言いたいところだけど、カード不可の店も少なからずあります。
そのため、財布はまだまだ必須アイテム!!

薄い財布が全て解決してくれた!

そんな思いを抱いていた中、
この財布に出会いました。
この財布は、上記のような問題点を解決してくれる最高の財布だったんです。(←言い過ぎw)

重ならないから薄い!

この財布の一番のポイントはこれにつきます。
こちらの画像をご覧ください。
2016-10-30-16-03-51

161030-0001

メンズ用薄い財布では、小銭を入れた際に一番厚みが出る中心部分にはホックを設けず、厚みと関係のない両端にホックを設けました。
これもメンズの二つ折り「薄い財布」の秘密です。

メンズ用薄い財布では、重なる革の枚数を削減するために、
札押さえとカードケースの切れ込みが重なる構造にしました。

というように、薄さにこだわった作りになっています。
それなのに、しっかりカードも入る作り!
十分な機能性を備えています。
(ちなみに撮った写真には、お札7枚、カード4枚、小銭数枚が入っています)

すっきりシルエットの誕生

これを先ほど言っていた後ろポケットに入れてみます。
すると、以前のようなポッコリ感はなく、
そのまま座ってもそれほど違和感を感じません。

特にジャケットを着ていて内ポケットに入れた時は、
全く厚みを感じず、シルエット的にも申し分ありません。

社会人にこそおススメできる財布だと思います。

ただし小銭は注意!

薄さを追求したい方にとっては最高の財布だと思うんですが、
一方で、小銭を多用する方にとっては不便な面もあるかもしれません。

というのも、薄さを追求する結果、
小銭入れのスペースは最小限なものとなっています。

公式では999円まで入る設計となっていますが、これには注意が必要です。
というのも、小銭をジャラジャラと入れてしまっては、正直全く入りません。

受け取ったお釣りは、きれいに並べるような感じで入れてあげる必要があります。
そうしないと、あまり小銭が入るとは思いませんでした。
(ちなみに、上記にUPした写真の小銭の量は↓↓)
2016-10-30-16-06-11

トータル的にはありな「薄い財布

小銭の面では、多少のマイナスポイントかなと思いましたが、
そこは別途小銭入れで対応したり、
お釣りが少なくなるお金の出し方をしたりすれば解決できる問題です。

あとは、『夢をかなえるゾウ』に出てくるガネーシャの教え通り、
募金するというのもありでしょうかw

薄さを追求するならば、この財布は大アリになるのではないでしょうか。

なお、女性用の薄い財布もあるので、気になったた方は見てみて下さい!
公式サイトから購入する際、Amazonのアカウントがあると簡単に購入できますよ!

【薄い財布について詳細はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BIGLOBE エンタメフリーオプション

「しむしむ?」CMの格安スマホ「BIGLOBEスマホ」が凄い

LINEモバイルの速度と料金

私の推しメン「LINEモバイル」が、総合満足度で最優秀!

おすすめ万年筆

文房具にこだわると勉強がはかどる

高校生もバイト以外で稼げるおすすめの方法

高校生がバイト以外で月1~2万円稼ぐ方法

格安スマホと年収

年収が高い人ほど格安スマホを使っている

おすすめ勉強法と本

学生から社会人まで使えるおすすめ勉強法②