【レベル2】古典文法・動詞とは? 

古文単語おすすめ覚え方 古典文法の基礎と用言

第2回 動詞とは

いよいよ古典文法の中身に入っていきましょう。
最初は「動詞」です。

「動詞」で学ぶことは、すべての古典文法の基本になる部分なので、しっかりと基礎固めをしておきましょう!

スポンサーリンク

動詞とは?

まさやん
まさやん

ではいよいよ「動詞」を扱っていくよ。

まずは、何か知っている「動詞」を挙げてみてくれるかな?

生徒
生徒

「書く、見る、寝る、食べる、飲む、読む、走る・・・」などですかね?

まさやん
まさやん

そうだね!

ところで、「動詞」には共通点があるんだけどわかるかな?

生徒
生徒

知ってます!

すべて「u段」で終わるんですよね!

まさやん
まさやん

そのとおり!

これは古典文法でも同じだから覚えておこう!

動詞とは、用言のうち「u」段の音で終わるもの
(ただし、ラ変を除く)

また、古典では現代語と意味は同じでも、表記の異なるものもあるので注意しておきましょう。

(例)
寝る   ⇒ 寝(ぬ)
食べる  ⇒ 食ぶ

活用の種類とは?

続いては、活用の種類です。

まさやん
まさやん

今まで、「五段活用」とか「上一段活用」などというのは、聞いたことあるかな?

生徒
生徒

中学の授業で習いました!

まさやん
まさやん

この「○○活用」というのが、「活用の種類」と呼ばれるもので、

古典文法では全部で9種類あるよ!

【古典文法・動詞の活用の種類】

  • 四段活用
  • 上二段活用
  • 下二段活用
  • 上一段活用
  • 下一段活用
  • カ行変格活用
  • サ行変格活用
  • ナ行変格活用
  • ラ行変格活用

まとめ

それぞれの活用の種類については、次回から一つずつ説明していくので、
今回は9種類の活用の種類を覚えておいてください!

第2回 動詞とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました