【レベル20】推量の助動詞「む・むず」

助動詞

皆さんこんにちは。
さあ今日はヤマ場ですよ!助動詞の「む・むず」です。

これは意味がたくさんある上に、どの意味にしたらいいのか見分けるのも大変!
なのに、テストでよく出されるんですよね・・・。

しっかり見分けられるように、ゆっくり読み進めて行って下さい!

スポンサーリンク

推量の助動詞「む・むず」

【古典文法】11-1 助動詞「む・むず」

活用

○/○/む/む/め/○

むず

○/○/むず/むずる/むずれ/○

接続

未然形

意味と訳し方

推量=「~だろう」
意志=「~しよう」
勧誘・適当=「~がよい」
仮定・婉曲=「~ような」

生徒
生徒

意味がたくさん!!覚えるの大変そうだな・・・

まさやん
まさやん

そんな時のゴロ合わせを作ったので、よかったら使ってみて!

スイカって、硬ぇ~!
(推意勧適、仮婉)

まさやん
まさやん

ちなみに、途中の読点(、)が大事なので忘れずにね!

助動詞「む・むず」の意味の見分け方

【古典文法】11-2 「む・むず」の意味の見分け方
まさやん
まさやん

じゃあ、このたくさんある意味をどうやって見分けるのか話をしていくよ!

  1. 【助動詞の位置が、文中か文末か?】
    文中→仮定・婉曲
    文末→2へ
  2. 【主語の人称で判断】
    一人称→意志
    二人称→勧誘・適当
    三人称→推量
まさやん
まさやん

さっきのゴロ合わせの読点で、文中グループ文末グループに分けていたんだ!

生徒
生徒

なるほど。でも、文末って少ないですね。文中が多いですよ!ほら、これも文中だ!

我、行かと思ひて・・・

まさやん
まさやん

実は、これは文末の「む」なんだよ!

生徒
生徒

え!文中にあるように見えるんですけど、文末なんですか!?

まさやん
まさやん

「む」のすぐあとに「と」があるよね?
これは「引用の『と』」と言われるもので、直前までは「」(カギカッコ)の部分だと思ってくれればいい。

 

この「引用の『と』『とて』」に注意しましょう。これらを見たら、「直前で文はいったん切れるんだな」と考えるようにして下さい。

 

生徒
生徒

そういうことなんですね。文中っぽく見えても、文末扱いの「む」ということになるんですね!

まとめ

いかがでしたか?

今回の目標は、自分で意味を見分けられるようにすること。
この目標に向かって頑張りましょう!

【練習問題】「む・むず」練習問題

コメント

タイトルとURLをコピーしました