古典文法の基礎「用言・体言・活用・活用形とは?」

古典文法に取り掛かる前に、抑えておくべき大事な部分です。

文法の授業でよく出てくる用言・体言・活用・活用形など、

言葉の意味を知らなければ、授業もチンプンカンプンですよね?

基礎の基礎をしっかり抑えておきましょう。

用言と体言


まさやん
じゃあ早速、古典文法について学んでいこう!
ところで小文君、用言と体言ってなんだかわかるかい?

小文君
出たー!僕、そういう言葉の意味がわからないんですよね・・・。だから授業もわからないんですよー。

まさやん
そっかそっか(笑)
じゃあ、基礎から一緒に学んでいこう!まず、「用言は活用する自立語で、体言は活用しない自立語」というのを覚えて欲しい。

用言とは、活用する自立語で、主に動詞・形容詞・形容動詞のこと

体言とは、活用しない自立語で、名詞・代名詞のこと

小文君
つまり、活用するのか、しないのかで分けられるってことですね。でも先生、活用するっていうのがわかりません!(泣)

まさやん
大丈夫。簡単だからよく聞いて。

活用とは?


どうやら、用言と体言の違いは「活用」するかしないかのようですね。

じゃあ、活用ってなんでしょう?

まさやん
じゃあ古文君、例えば「書く」っていう動詞に、「ない」を付けると、どういう言い方になるかな?

小文君
それはさすがにわかりますよ!「書かない」ですね。

まさやん
正解!いいね〜!じゃあ次は、「本」に「ない」を付けたらどうなる?

小文君
簡単ですよ!「本ない」です。バカにしないでください!!

まさやん
たしかにそう言えるね。でもそれは、「が」っていう助詞に助けてもらって、「本」と「ない」をくっつけてるよね?
「書く」の時には、助けてもらっていないのに、「本」の時には助けてもらってるでしょ?

小文君
あ、ホントだ。助詞の助けを借りなければ「本ない」ってなっちゃって、なんか不自然な言い方になっちゃいますね。

まさやん
でしょ?こういう風に、助詞の助けなしで下に来る語によって、上の部分が変わることを活用するっていうんだ。

活用というのは、下に続く語によって元の形が変わることです。

例えば、「書く」という語に「ず」をくっつけると、

「書・ず」という感じで、「書く」が「書か」に変わりますよね。

これが「活用する」ということです。

小文君
あ、そう言えば中学校でそんなの習ったかもしれない!

まさやん
そう!実は中学校で、現代語の文法を教わる時に、そういう話もしているはずなんだよね。僕も中学校時代、用言と体言を教わって、「活するのが、言だよ!」って習ったね。

小文君
するのが、言か〜。強引だけど覚えたもん勝ちですね。

まさやん
そう。強引でもなんでも、とにかく基礎的なことは早く覚えちゃおう!

活用形とは?

まさやん
よし。じゃあ次は、活用形について話していこう。

小文君
うう・・・、1つ覚えたらまた次に覚えるのがあるんですか・・・。

まさやん
まだまだ序の口だよ?さ、行くよ〜!

小文君
はい・・・。

まさやん
さっき話した活用についてなんだけど、活用っていうのはその時の形によって、「6種類」に分けることが出来るんだ。

小文君
あ、それは覚えてます!中学校でやりました!!たしか、「未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形」じゃないですか?

まさやん
おお、いい記憶力だね!!ただ古典文法では1箇所だけ変更があって、「仮定形」ではなく「已然形(いぜんけい)」って言うんだ。

古典文法における活用形は全部で6種類。

「未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形」

と、分けられます。

小文君
「未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形」か・・・。覚えられるかなぁ・・・。

まさやん
古典ってね、とにかく口に出して繰り返すことで覚えられるようになるんだ。だから、ぜひ声に出して繰り返し言ってみよう!

小文君
了解しました!とにかく、今日学んだことだけは覚えちゃいますよ!!

まさやん
頑張れ!!これを全部覚えられれば、古典文法が全くわからないってことはなくなるからね!自信持っていいと思うよ!

小文君
はい!がんばります!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。