動詞の活用の種類④―ナ行変格活用・ラ行変格活用―

動詞の活用の種類、ラストは、ナ行変格活用とラ行変格活用です。

これらも、カ行変格活用・サ行変格活用と同じく、

所属する動詞が決まっているので、早く覚えてしまいましょう。

ナ行変格活用


まさやん
今日は「変格活用」の残り2つを見ていくよ!まずは、「ナ行変格活用」だ。

ナ行変格活用の動詞は、「死ぬ・往(去)ぬ」の2語です。

活用は未然形から順番に…

な/に/ぬ/ぬる/ぬれ/ね

と、活用します。

小文君
「死ぬ」と「往(去)ぬ」の2語だけなんですね。でも、「往(去)ぬ」ってなんて読むんですか?

まさやん
それは、「いぬ」と読んで、「行ってしまう・立ち去る」っていう意味なんだよ。

小文君
なるほど。
ナ行変格活用っていうのは、高校で初めて出てきましたね。でも2語だけだから、すぐ覚えられそう! よーし!覚えるぞー!!

まさやん
その調子その調子!次は「ラ行変格活用」を見ていこう!

ラ行変格活用


ラ行変格活用の動詞は、「あり・居り・侍り・いまそかり」の4語です。

活用は未然形から順番に…

ら/り/り/る/れ/れ

と、活用します。

小文君
ラ行変格活用は、全部で4語か・・・。ちょっと多いな・・・。えっと、読み方は??

まさやん
「あり・をり・はべり・いまそかり」だよ。

小文君
「あり・をり・はべり・いまそかり」か。なんとなくリズムが良いですね。リズムで覚えられそうです!

まさやん
リズムが良いと、スっと頭に入ってくるからね!良いと思うよ!リズムで覚えるのは!

小文君
「あり・をり・はべり・いまそかり」、「あり・をり・はべり・いまそかり」・・・あっ!!先生!!!!

まさやん
ん?どうした?小文君。

小文君
先生、間違えてるじゃないですか!以前、動詞は「u段の音で終わる」って教えてくれたのに、「あり・をり・はべり・いまそかり」って全部「り」で終わってますよ!!「ある・をる・はべる・いまそかる」の間違いですよね?

まさやん
小文君、まさかそこに自分で気づけるようになるとは・・・。次の説明を読んでごらん!

ラ行変格活用だけ、動詞なのにu段で終わりません。「り」で終わります。

これはしっかり覚えておいて下さい。

助動詞の活用を学ぶ際に、とても重要になってきます。

小文君
えっ!つまり例外ってことですか!?せっかく先生のミスを見つけたと思ったのに・・・

まさやん
そうなんだ。ラ行変格活用だけは、動詞なのにu段音で終わらないんだよ。そこに気をつけておこうね!

小文君
これは意識していないと忘れちゃいそうですね。しっかり覚えておこーっと!

まさやん
さて小文君、これで動詞の活用の種類はすべて終了だよ。

小文君
やったー!やっと終わったー!

まさやん
ところが、次回からは「形容詞と形容動詞」の活用の種類が始まるよ!

小文君
ひえ~。せっかく終わったと思ったら、次は形容詞と形容動詞だなんて・・・。

まさやん
次回までに、しっかり動詞の活用の種類は頭に入れておいてね!
こっちが曖昧なのに、新しいことを入れるとゴチャゴチャになっちゃうから!

小文君
わかりました!動画とチェックテストで、完璧にしておきます!

まさやん
はい、じゃあ今日はここまでにしよう!お疲れ様!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

古文単語おすすめ覚え方

形容詞・形容動詞の活用の種類

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類①―四段活用・上二段活用・下二段活用―

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類②―上一段活用・下一段活用ー

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類③―カ行変格活用・サ行変格活用―

古文単語おすすめ覚え方

動詞ってなんだろう?