係助詞と係り結びの法則

ここで少し助詞について触れておきましょう。

係り結びの法則というのは聞いたことありませんか?

古典作品中に頻繁に出てくるため、試験にも出やすいポイントとなっています。

今回は、助詞の「係助詞」に絞ってお話していきましょう。

 

係助詞とは


まさやん
今日は助詞の中でもよく目にする「係助詞」を説明するよ!小文君、係り結びの法則って聞いたことあるかな?

小文君
あー、名前は聞いたことありますね。でも、どんな働きなのかは忘れました・・・。

まさやん
今日それもしっかり学んでいくよ!
そしてその係り結びを作り出すのが、係助詞なんだよ。次の説明を見てごらん。

係助詞は、様々な語にくっついて「強意・疑問・反語など」の意味を添える働きがあります。

また、文末に一定の影響力を与える働きも持っています。

中でも、特に覚えておいてほしい係助詞が…

ぞ・なむ(強意)、や・か(疑問・反語)・こそ(強意)

です。

これらは「係り結びの法則」という、文末に影響力を与える働きがあります。

小文君
係助詞の「ぞ・なむ・や・か・こそ」が、「係り結びの法則」に関わってくるんですね。

まさやん
そうなんだ。だから文章を読んでいて、これらの係助詞が出てきたらしっかりとチェックするクセをつけておくと良いね!

小文君
係助詞が文末に影響力を与えるっていうのは、どんなふうに影響を与えるんですか?

まさやん
それこそがまさに係り結びの法則なんだけど、じゃあ次の説明を読んでみて!

係り結びの法則とは


係り結びの法則というのは…

文中に係助詞があると、本来は終止形で終わる文末に係り、

文末が終止形ではなく、連体形や已然形になってしまうこと

です。

【係り結びの法則】

ぞ・なむ・や・か→文末は連体形

こそ      →文末は已然形

 

例えば…

花、落つ。(終止形)→花落つる。(連体形

という感じです。

小文君
あ、ほんとだ!文中に「ぞ」が入ったら、文末が連体形に変わってる!

まさやん
そう、これが係り結びの法則っていうものだよ。
「ぞ・なむ・や・か・こそ」の「こそ」以外が来たら文末は連体形で、「こそ」が来ると已然形になるんだよ。

小文君
あと、最初の説明にあったそれぞれの係助詞の意味も抑えておけば良さそうですね!
それにしても、テストではどんなふうに聞かれるんだろう??問題が出されたら解けるかなぁ・・・??

まさやん
係り結びの法則に関する、代表的な出題形式をまとめてみたので、ちょっと見てみて!

テストにおける出題形式

「係り結びの法則」関連のよくある出題形式が、

文末を終止形にしておいて正しい形に改めさせるパターン(①)や、

文末を已然形にしておいて、上部の空欄に「こそ」を入れさせるパターン(②)です。

① かかることの起こりにこそ、世も乱れあしかり(けり)

小文君
うわ!いきなり問題だ!!

まさやん
まずは、(けり)を正しい形に直させる問題だね。

小文君
なーんだ、簡単じゃないですか!本文中に「こそ」があるから、文末は已然形に直せば良いんですね!「けり」の已然形だから・・・

まさやん
已然形だから・・・?

小文君
あれ?なんだろ??已然形に直すのはわかってるのに、「けり」の已然形がなんだかわからない!!

まさやん
それ悔しいよね!「こそ」があるから、文末を已然形にするっていうのはわかった。でも、「けり」の已然形がわからなくて、問題が解けないっていうね。

小文君
めっちゃ悔しいです!

まさやん
だからしっかりと助動詞の活用を覚えないといけないんだよ!「けり」の已然形は「けれ」だね。

小文君
あー、そっか!助動詞がまだ不安なんですよね。よーし!また一つひとつ覚えていきますよ!!

まさやん
じゃあ次の問題はどうかな?

② かかることの起こりに(  )、世も乱れあしかりけれ

小文君
さっきと同じ文章じゃないですか!

まさやん
今回は練習だからね。出題形式がわかってくれれば良いんだよ!

小文君
こっちは、「こそ」の部分が隠されているんですね。ということは、「けれ」が已然形になっているってことに気づければ、問題が解けるってことか~!

まさやん
そう!文末が已然形になっているということは、係助詞は「こそ」がくるでしょ?そこに気づけるかどうかが大切なんだ。もちろん、文末を已然形にするのは「こそ」だっていうのも覚えていなければいけないよ!

①は、助動詞「けり」の活用を覚えていないと解けない問題です。

②は、文末が已然形になっていることに気づかないと解けない問題です。

小文君
なるほど。ただ単純に知識を入れてもダメなんですね。どうやってその知識を使うかが大切なんですね!

まさやん
そうなんだよ。①の問題みたいに、知識だけはあっても、それらをどう組み合わせるかが大事になってくる問題もあるからね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。