動詞ってなんだろう?

動詞の本格的な学習に入る前に、軽くまとめておきましょう。

ここで大事なのは、活用の種類を覚えておくことです。

動詞とは


まさやん
小文君、今日は動詞について学んでいこうと思うんだけれど、そもそも動詞ってどんなものかな?

小文君
う〜ん、動くっていう漢字が入っているんで、何となくですけど動きを表しているのかな〜??

まさやん
その通り!動詞っていうのは、動作や状態を表す品詞なんだ。
じゃあ次に文法的に言うと、どんなのが動詞だろう?

小文君
文法的!!文法が苦手な僕に、そんな難しい聞き方をしないでくださいよ〜

まさやん
ごめんごめん!ちょっと難しい聞き方だったね。文法的に言うと、用言のうち「u段の音」で終わるものが動詞になるんだ。

小文君
u段の音?

まさやん
例えば、「書く」っていう語。これは、「く」で終わってるよね?

小文君
はい、終わってますね。

まさやん
この最後の部分、「く」って、ローマ字だと「ku」でしょ?これが、u段の音っていうことなんだ。

小文君
なるほど!そういうことなんですね!あれ?でも、前にやった「書かない」って活用している時だと、判断が難しくないですか??u段の音で終わってないじゃないですかー

まさやん
いい質問だね!今回みたいに、文法的に考える時は、必ず基本形にして考えることが大切なんだ。

小文君
基本形?

まさやん
基本形っていうのは、終止形に直して考えようってこと。さっきの「書かない」だったら、「書か」の部分を、終止形に直して考えようってことだね。
また、基本形のことを、終止形と呼んだり、言い切りの形と呼んだりもするから気をつけよう。

小文君
あ・・・混乱してきた・・・

まさやん
まあ、それらについては、実際に文法問題を解いていく中で慣れてくるから、今はそんなに気にしなくていいよ!

動詞を文法的に説明すると・・・

用言のうちu段の音で終わるもの(ただし、1つだけ例外あり)が動詞です。

書く、走る、読む、泣く、笑う・・・

これらはすべて、u段の音で終わりますよね。

これが動詞です。

動詞の活用の種類とは

まさやん
動詞の基本はわかってもらえたかな?

小文君
とりあえず、u段の音で終わる、動作や状態を表すものっていうふうに理解しました。

まさやん
いいんじゃない?成長してるね!!
じゃあ次は、動詞の活用の種類だ。

小文君
あれ?それはこの間やったじゃないですか。
「未然形・連用形・・・」ってやつですよね?

まさやん
それは、活用形。今回やるのは活用の種類だよ。

小文君
うげっ!混乱し始めたぞ・・・。

まさやん
よし、じゃあ今覚えちゃおう!「未然・連用・・・」などが、活用。お互い、終わりが「形」で終わってるでしょ?

小文君
出た!先生お得意の強引な覚え方・・・

まさやん
強引でもいいの(笑)
覚えたもん勝ちなんだから!

小文君
でもたしかにこれは覚えやすいかもしれませんね。活用を聞かれているなら、◯◯で答えればいいんですもんね!

まさやん
でしょ?意外に覚えやすいんだよ!強引でも(笑)

小文君
で、今日やる「活用の種類」っていうのはなんですか?

まさやん
じゃあ、ちょっと次の説明を読んでもらおうかな。

今回は、動詞の活用の種類についてです。

動詞は、その活用の仕方によって9種類に分けることが出来ます。

例えば、以前お話した「ず」を付けて考えてみましょう。

書く+ず→書

落つ+ず→落

流る+ず→流

上の3つはそれぞれ、「ず」の直前に来る音が、a段・i段・u段と異なっています。

活用の種類もそれぞれ、四段活用・上二段活用・下二段活用に分けることが出来ます。

小文君
活用の種類は全部で9種類あって、そのうちの3つは「ず」の直前に来る音で見分けられるってことですか??

まさやん
小文君・・・

小文君
あれ?間違ってましたか??

まさやん
素晴らしすぎるよ!!!!その通りだ!!

小文君
ビックリした~!

まさやん
その調子で頑張っていこう!!

小文君
はい!頑張ります!

まさやん
活用の種類については、次回以降でしっかりお話していくね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

古文単語おすすめ覚え方

形容詞・形容動詞の活用の種類

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類①―四段活用・上二段活用・下二段活用―

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類④―ナ行変格活用・ラ行変格活用―

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類②―上一段活用・下一段活用ー

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類③―カ行変格活用・サ行変格活用―