テスト対策

肝試し(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 そのような人(=栄華を掌中にするほどの方)は、お若い頃からご胆力が強く、神仏のご加護も強いものらしいと思われることですよ。 花山院のご在位の時、五月下旬の闇夜に、五月雨といってもあまりに強く、ひどく気味悪く激しく雨が降る夜、帝...
テスト対策

なべて世のはかなきことを(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 その翌年の春こそ、本当に(愛するあの方〈=平資盛〉が)この世以外の者となった(=亡くなった)と聞いてしまった。その(悲報を耳にした)時のことは、(それまでにも)まして何と言おうか(、何とも言いようがない)。すべて以前から覚悟して...
テスト対策

すさまじきもの(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 興ざめでしらけてしまうもの。昼(間っから)吠える犬。春の(来るまでやっている)網代。三月、四月の(来るまで着ている)紅梅の着物。牛が死んでしまった牛飼い。乳飲み子が亡くなってしまった産屋。火をおこさない角火鉢、いろり。博士が続け...
テスト対策

忠度の都落ち(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 薩摩守忠度は、どこからお戻りになったのだろうか、侍五騎、童一人(を連れて)、自分とあわせて七騎で引き返し、五条の三位俊成卿の屋敷にいらっしゃってご覧になると、(俊成卿の屋敷は)門を閉じて開かない。「(わたしは)忠度です。」と名の...
テスト対策

弓争ひ(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 世の中の光でいらっしゃる殿(=藤原道長)が、一年ほどの間、心穏やかでなくお思いになっていたことだよ。(それを)どのように天帝は御覧になったのだろうか。しかしながら、少しも卑屈になったり、お心をくさらせたりしてはいらっしゃらなかっ...
テスト対策

若紫(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 《第一段落》 (晩春の)日もたいそう長い上にすることがないので、夕暮れがひどく霞んでいるのに紛れて、(源氏は)例の小柴垣のあたりにお出かけになる。お供の人々はお帰しになって、惟光朝臣と(小柴垣の中を)おのぞきになる(→垣間見を...
テスト対策

絵仏師良秀(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 これも今となっては昔のことだが、絵仏師良秀という者がいたそうだ。家の隣から火災が発生して、風が覆いかぶさるように吹いて(火が)迫ってきたので、(良秀は)逃げ出して、大通りに出てしまった。人が(良秀に)描かせている仏も(家の中に)...
テスト対策

廃院の怪(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 宵を過ぎる頃、(光源氏は)少しお眠りになっていると、枕もとにたいへん美しい様子の女が座って、「私が(あなた様〔=光源氏〕を)たいへん立派だとお慕い申し上げている、その私を(あなた様は)訪ねようともお思いにならず、このような格別な...
テスト対策

雑説(現代語訳・解説・テスト対策)

現代語訳 世間に馬の鑑定の名人(伯楽)がいて、そうして初めて、一日に千里の距離を走る名馬が見出される。千里の馬は、いつも存在している。しかし、その馬を見出す伯楽は、いつもいるとは限らない。そのため、名馬はいるのだが、ただ、身分の低い馬飼い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました