先従隗始(書き下し文・現代語訳・解説動画)

スポンサーリンク
古文現代語訳テスト対策漢文解説

今回は「先従隗始」(まず隗【かい】より始めよ)を解説していきたいと思います。

書き下し文

燕人太子平を立てて君と為す。是れを昭王と為す。
死を弔ひ生を問ひ、辞を卑くし幣を厚くして、以つて賢者を招く。

郭隗に問ひて曰はく、

「斉 孤の国の乱るるに因りて、襲ひて燕を破る。孤 極めて燕の小にして以つて報ずるに足らざるを知る。誠に賢士を得て与に国を共にし、以つて先王の恥を雪ぐは、孤の願ひなり。先生 可なる者を視せ。身 之に事ふるを得ん。」と。

隗曰はく、

「古の君に千金を以つて涓人をして千里の馬を求めしむる者 有り。死馬の骨を五百金に買ひて返る。君 怒る。涓人曰はく、『死馬すら且つ之を買ふ。況んや生ける者をや。馬 今に至らん。』と。期年ならずして、千里の馬 至る者 三あり。今、王 必ず士を致さんと欲せば、先づ隗より始めよ。況んや隗より賢なる者、豈に千里を遠しとせんや。」と。

是に於いて昭王隗の為に改めて宮を築き、之に師事す。是に於いて士争ひて燕に趨く。

現代語訳

燕の人々は太子の平を立てて君主とした。これを昭王といった。
(昭王は)戦死者を弔い、生存者を見舞い、(人心の掌握に努め、)へりくだった言葉遣いをし、多くの礼物を用意して、賢者をしょうへい招聘しようとした。

(しかしその効果なく賢者が集まらなかったので)昭王は郭隗に問うて、

「斉はわが国の混乱につけこんで、燕を攻め破った。私は燕が小国で、(今の力では)報復できないことをよく承知している。(そこで)ぜひとも賢者を味方に得て、その人物と共に政治を謀り、(国を富ませ、兵を強くして)先代の王の恥をすすぐことが、私の願いである。先生、それにふさわしい人物を推薦していただきたい。私自身その人物を師としてお仕えしたい。」と言った。

(郭)隗は、

「昔、ある国の君主で、涓人に千金を持たせて、一日に千里もの距離を走る名馬を買いに行かせた者がおりました。(ところがその涓人は)死んだ馬の骨を五百金で買って帰って来ました。君主は怒りました。涓人は言いました、『死んだ馬の骨でさえ買ったのです。まして生きている馬だったらなおさら高く買うに違いない(と世間の人々は思う)でしょう。千里の馬は、すぐにやって来ます。』と。一年もたたないうちに、千里の馬が三頭もやって来ました。今、王が、ぜひとも賢者を招き寄せたいとお考えならば、まず、この隗からお始めください。まして私より賢い人は、どうして千里の道を遠いと思いましょうか。(いや、千里の道も遠しとせずにやって来るでしょう。)」と答えた。

そこで昭王は、(郭)隗のために新たに邸宅を造って郭隗に師事した。
そこで(このことを聞いた)賢者たちは先を争って燕に駆けつけた。

解説動画

準備中

チャンネル登録をしてお待ち下さい!

放課後の自習室
このチャンネルは、 「今日学校で習ったあの作品、少し復習しておこう!」 「テストが近いからもう少し勉強しておこう!」 といった、学校以外の場所で学ぼうとする人に向けた自習室です。 みなさんこんにちは、放課後の自習室です! YouTubeの学習動画って受験向け動画は多いのに、学校の授業をサポートする動画が少ないな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました