動詞の活用の種類③―カ行変格活用・サ行変格活用―

前回までに学んだ活用の種類は、正格活用でした。

今回からは、変格活用を学んでいきましょう。

まさやん
どうだい小文君、上一段活用は覚えたかな?

小文君
あのあと家に帰って覚えましたよ!しっかり漢字で書けて、ヤ行とワ行の区別もできるようになりました!

まさやん
素晴らしい!そうやって一つひとつクリアしていこうね!
さあ、今日から「変格活用」に入って行くよ!

小文君
変格活用?

まさやん
今までやっていた活用の種類は「正格活用」と呼ばれるグループだったんだけど、まあ、あんまり名前は覚えようとしなくていいよ!

小文君
余計なことまで覚えるキャパは、僕にはありませんからね!

まさやん
久しぶりの意味不明なドヤり・・・

小文君
でもまた新しい活用の種類か・・・。覚えられるかな・・・。

まさやん
変格活用は全部で4種類あるんだけれど、まず最初に「カ行変格活用」から見ていこう!

カ行変格活用


カ行変格活用の動詞は、「来」1語です。

そのため、活用も…

こ/き/く/くる/くれ/こ(よ)

と、このまま覚えてしまいましょう。

小文君
ラッキー!これも覚える動詞は1つだけだー!

まさやん
変格活用の動詞は、覚えるのが少ないからすぐに覚えられるはずだよ!

小文君
カ行変格活用って、略して「カ変」ってやつですよね?中学校でもやった記憶が・・・

まさやん
そうだね!その時は「来る」1語って教わったんじゃないかな?その「来る」が、古典文法では「来」になったんだよ。

小文君
なるほど!

まさやん
じゃあどんどん行こう!次は「サ行変格活用」だ!

サ行変格活用


サ行変格活用の動詞は、「す・おはす」の2語です。

活用は未然形から順番に…

せ/し/す/する/すれ/せよ

と、活用します。

小文君
サ変も中学校でやりましたね!「~する」だったと思います。

まさやん
そう、「~する」が古典文法では「~す」になったんだよ。

小文君
僕苦手だったのが、「~する」ってそのままの形で出ることが少なくて、見つけるのに苦労しました!

まさやん
よく覚えてるね!「~する」とか古語の「~す」っていうのは、他の語と結びつくことが多いんだよ。次を読んでもらおうかな!

サ変動詞は、他の語と結びつき複合動詞を作ることが多い動詞です。

「旅す・空しうす・明らかにす」などがそれです。

小文君
複合動詞か~。現代語でいうと「読書する」とか「判断する」っていうのがそうなんですね!

まさやん
そう!小文君もさっき言ってたけど、複合動詞は見分けるのが難しいものもあるので、しっかりと見分けられるようにしておこうね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

古文単語おすすめ覚え方

形容詞・形容動詞の活用の種類

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類②―上一段活用・下一段活用ー

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類④―ナ行変格活用・ラ行変格活用―

古文単語おすすめ覚え方

動詞ってなんだろう?

古文単語おすすめ覚え方

動詞の活用の種類①―四段活用・上二段活用・下二段活用―