【レベル1】用言・体言・活用・活用形とは?

古文単語おすすめ覚え方古典文法の基礎と用言

古典文法の学習に入る前に、まず抑えておくべき重要なことを。
文法の授業でよく出てくる用言・体言・活用・活用形など、言葉の意味を知らなければ、授業もチンプンカンプンですよね?

基礎の基礎をしっかり抑えておきましょう。

スポンサーリンク

用言と体言とは?

【古典文法基礎】1-1 歴史的仮名遣い

まさやん
まさやん
まず最初に、「用言」と「体言」について説明出来るかな?
生徒
生徒

聞いたことはあるんですけど、説明するのはちょっと・・・

用言・・・活用するもの(動詞・形容詞・形容動詞
体言・・・活用しないもの(名詞

生徒
生徒

なるほど!「活用」するのか、しないのかで分けられるんですね!

でも、「活用」ってなんでしたっけ?

活用とは?

【古典文法基礎】1-2 活用と活用形

まさやん
まさやん

じゃあ、「書く」という動詞に「ない」を付けたら何て言うかな?

生徒
生徒

「書かない」ですね!

まさやん
まさやん

そうだね!

次は「本」という名詞に「ない」を付けるとどうだろう?

生徒
生徒

「本がない」じゃないですか?

まさやん
まさやん

たしかにそう言うんだけど、「活用」というテーマで考えると

それは間違いなんだ。

「書く」という動詞は「ない」という言葉が続いた時、「書く」という言葉自体が変化してくっついていました。
例えば、「書ない」「書ます」「書時」「書ば」「書う」などのように。
この、元の言葉自体が変化して、下に続く語とくっつくことを活用すると言います。

一方で「本」という名詞は、「が」という助詞の助けを借りることで「ない」とくっついています。
こちらは、元の「本」という言葉自体が変化していないので、活用しないと言えます。

活用形とは?

生徒
生徒

じゃあ、「活用形」っていうのは何ですか?

先程の、「書かない」「書きます」「書く時」「書けば」「書こう」などのように、「書く」が「か、き、く、け、こ」と変化する時、それぞれの形を未然形、連用形・・・などと呼び、これが活用形です。

まさやん
まさやん

古文の活用形は「未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形」

6種類あるよ!

まとめ

ということで、今回は文法の基礎をお伝えしました。
動画では他にも、歴史的仮名遣いや語幹、活用語尾なども解説していますので、合わせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました